« ロボザックついに最終号になりました | トップページ | Vistaのoffice2007って使えないぞ »

2008年9月30日 (火)

openofficeのOSX版で原稿用紙スタイル

openofficeをメインに使えないかと、現在仕事の内容も移動中である。エクセルのマクロにしても、精度というか、コマンドがエクセルと同じ動きをしてくれないといけないので、それが出来るかも気になるが、まずは、wordでしょうね。以前に、エクセルの表をコピペでwordに貼付けをすることをやってみましたが、これもopenofficeの文書および表計算ドキュメントを使って作成できました。文書ドキュメントの上にコピペで表計算ドキュメントの一部の表を貼付けた訳ですが、貼付けして終わりではなく、ダブルクリックで表計算ドキュメントのその貼付けた一部を変更することが出来ます。これもなかなかいいですな。
さて、本題ですが、原稿用紙が必要というか、原稿用紙のような使い方が出来ないかということで十分だったんですけど、wordではテンプレートみたいなところで設定をしていくところがありましたよね、それがopenofficeではないので、出来ないのかなあと思っていたら、ネット検索しているといろいろと工夫されたりテンプレートをダウンロードできるようにしていたりとやれば出来るようになっています。
ということで、特別なことではなかったのですが、とりあえず、自分で工夫してやる場合を紹介。
設定が命ですね。
ページ設定を選びます。


4_4

書式>ページを選択後出てきたダイアログが上です。
要点は、配置を横(用紙のことね)にし、文字の方向を右から左へ(縦書き)に変更する。
続けて、


5_3


行数と文字数のタブへ移動し上記のように表示する。
ここでは、行数と文字数を指定するをチェック、ページ単位の行数を20、行単位の文字数を20で400字とする。最後に罫線の表示でチェックを入れ、罫線の色を橙色3を選ぶ。

これで終了。
どうですか、フォントを変更してもぎりぎり大丈夫でしょ。取り合えずならこれはいいですね。

3_2

使ってみて要注意。
最初の書き込みの時に行の始めにスペースを入れると、次からの文字が升目に合わなくなります。今のところですが、対策として、タブを使います。左側に出てくるルーラーに升目一個分のタブマークをクリックして設定すれば、そこからは文字入力でOKですので、まあ、結果良しということにはなりますね。

|

« ロボザックついに最終号になりました | トップページ | Vistaのoffice2007って使えないぞ »

Mac」カテゴリの記事